top of page
  • 執筆者の写真岩田ひでたか

高御座と御帳台

新年あけましておめでとうございます。

溝口神社に初詣に行った後、上野の東京国立博物館に行ってきました。


お目当ては二つ。

一つは東洋館で開催中の特別展『人、神、自然-ザ・アール・サーニ・コレクションの名品が語る古代世界-』。

古代の美術工芸品のコレクションで、古代の人々が宇宙、神々、死後の世界をどのように認識していたのか、作品を通じて想像が膨らみます(ただし、残念ながら撮影禁止)。


もう一つは本館で特別公開中の『高御座と御帳台』。

令和元年十月二十二日に行われた即位礼正殿の儀において、天皇陛下が昇殿された高御座と、皇后陛下が昇殿された御帳台の展示です。

実物はとても大きく、伝統と威厳に満ちたその姿に畏敬の念を覚えました。

一生に一度見れるか否か・・・『高御座と御帳台』だけなら無料で参観できるので、皆様にもぜひ見て頂きたいです(2020/01/19迄)。


※開館スケジュール等、詳細は下記参照下さい

東京国立博物館






閲覧数:31回

関連記事

すべて表示

Kommentare


Die Kommentarfunktion wurde abgeschaltet.
bottom of page