top of page
  • 執筆者の写真岩田ひでたか

1/12(金)川崎ダルク視察

1/12(金)、中原区新城にある薬物等依存者治療施設『川崎ダルク』を、同僚の高戸ともこ議員と視察。


ダルク(DARC)とは、Drug(ドラッグ)・Addiction(依存症、行動嗜癖)・Rehabilitation(リハビリ)・Center(施設)の頭文字を繋げた造語。

その名の通り、薬物やアルコール等の依存者の回復治療の為の施設で、川崎ダルクは2004に設立されました。


ここ川崎ダルクでは、デイケアサービス、入居サービス、相談サービス、予防サービス、家族会サービスなどを通じて、依存者本人への支援、予防啓蒙活動、家族相談を提供。

また女性依存者やその家族の支援も。


施設長のお話を伺った後、デイケアの一つであるミーティングを傍聴させて頂きました。

ちなみに、スタッフも元薬物依存者。

だからこそ、痛みも苦しみも分かるのだと思います。

大切なのは自分の居場所がある事。


生きるというのは時として本当に苦しい事です。

私も若い頃、病と周囲の偏見に苦しみましたが、同じ苦しみを抱える仲間や、手を差し伸べてくれる人の存在にどれだけ救われた事か。

“人は残酷で優しい生き物“というのが、私が病を経験して学んだ事です。

施設長並びにスタッフの皆様、お忙しい中、ありがとうございました。


川崎ダルク


下記は昨年8月の健康福祉まつりで、川崎ダルクの皆さんが琉球太鼓を披露された時の記事です。

岩田ひでたかブログ 8/20(日)健康福祉まつり

閲覧数:9回

関連記事

すべて表示
bottom of page