top of page
  • 執筆者の写真岩田ひでたか

11/6(月)川崎市戦没者追悼式

11/6(月)、カルッツかわさきで行われた川崎市戦没者追悼式に参列。


先の大戦では軍民合わせて約310万人もの尊い命が失われました。

私の父方の祖父も川崎市民ではありませんが、硫黄島で戦死しました。

二度とあのような悲劇を繰り返してはなりません。


しかし一方で、平和というものはタダで手に入るものではありません。

抑止力となる十分な戦力、様々な外交チャンネルの確保、この二つが重要です。


私は非武装中立のような空虚な理想論にも、安易で過激な排外主義にも与しません。


平和を保つには不断の努力が必要です。

そしてそれは政治家の責任でもあるとの思いを強くしました。

閲覧数:3回

関連記事

すべて表示

Comentarios


Los comentarios se han desactivado.
bottom of page