top of page
  • 執筆者の写真岩田ひでたか

3/25(月)新会派の団長になりました。

この度、日本維新の会川崎市議会議員団は、無所属の重冨達也議員と新たな会派(※1)「あしたの川崎・日本維新の会川崎市議会議員団(略称:川崎・維新)」を結成しました。


重冨議員は現在3期目で、地域政党あしたの川崎の代表です。

重冨議員と交渉を重ね、双方の政策に則った議会・行政改革を推進する旨の政策協定を結びました。

同協定では、その他、個別検討事項として以下を挙げさせて頂いております。


・議員報酬削減の議案提出

・インターネット上の人権侵害に対応する議案提出

・外国人参政権について反対の立場を示す議会活動

・市民、行政の事務負担等の軽減に繋がる規制緩和等の調査研究

・川崎市制100周年事業等のイベントをレガシーに繋げる検討

・維新八策を市政に反映させる為の調査研究


そして新会派設立に伴い、不肖ながら私、岩田英高が団長に就任させて頂く事になりました。

交渉会派(※2)の団長として、責任の重大さに身の引き締まる思いです。

市民の皆様の期待に応えられるよう尽力して参りますので、今後とも御指導・御鞭撻の程よろしくお願い致します。


※1 議会内で活動を共にする議員のグループ。共通の政策を推進する為に結成され、複数の政党で一つの会派を結成する事もある。一般的に議会では人数が多い会派ほど影響力を行使できる。


※2 議会で代表質問の機会などを認められた会派。川崎市では5名以上の議員から成る会派が交渉会派になれる。





閲覧数:2回

関連記事

すべて表示

コメント


コメント機能がオフになっています。
bottom of page