top of page
  • 執筆者の写真岩田ひでたか

4/29(月)キャドバリーのチョコレート

4/29(月)、昼過ぎに登庁して、資料や新聞の読み込み、メール対応、陳情整理など。


途中、チョコレートで息抜き😆

自分はこの英国 #キャドバリー のミルクチョコがお気に入り🤤

ところでキャドバリーと言うと、#浦沢直樹 の #MASTERキートン のエピソードの一つ #穏やかな死 を思い出す。


IRA(アイルランド共和国軍)の爆弾作りのスペシャリスト、コナリー。

彼はある日、老人との何気ない会話と別れをきっかけに「人は天寿を全うすべきだ」と考えを変え、自ら作った時限爆弾の解体を決意。

元SAS(英国陸軍特殊空挺部隊)の主人公、キートン太一と共にデパートに仕掛けられた爆弾を探す。

そして爆発寸前、キートンが機転を利かせて、チョコと内部の硫酸とを化学反応させて固化し、テロ防ぐ。

与えられた人生をどう全うすべきか、尊厳のある生き方とは何かを考えさせてくれるこのエピソード。

キャドバリーを見る度に思い出す💦


ちなみに一番好きなエピソードは、やはり #屋根の下の巴里

このエピソードに出てくるユーリー・スコット先生が僕の恩師に似ていてね・・・😭


閲覧数:0回

関連記事

すべて表示

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page